WebViewer:オペレータ利用環境情報

WebViewerを利用するための要件は以下通りです。

 

 ■オペレータ側の要件:

 ※Windows , macOS, AndroidのOSをサポートします。 

   - Windowsの場合:Chrome 60以降, Microsoft Edge17~

   - macOSの場合: Chrome 60以降、 Safari 11以降のブラウザから利用が必要です。

   - Androidの場合:Android8.0以降 Chrome 60以降の環境

           (PCへの遠隔制御は対応しておりません。描画での協業をご利用ください。)

   -Linux環境でも理論上動作しますが、動作を保障はしていません。

     Ubuntu 14.0.4環境での動作実績あり、Chrome 60以降での利用を前提

    (OS開発社がサポートを維持制定る環境)

 

※現在WebViewerはChromium基盤のブラウザに最適化されているため、

Google Chromeブラウザの利用を推奨しています。

 

Google Chromeのダウンロード

    

この記事は役に立ちましたか?
5人中3人がこの記事が役に立ったと言っています