2019年第2四半期対応機能 : 2019/5/28(オペレータ)

1. 重複ログイン時空いているアカウント情報が表示できるようになります。

 -簡単に使っていないユーザーIDを見つけることができるようになります。

  ※この設定を利用するためには販売先及びHelpdeskから申請が必要になります。

 

2.お客様のIP情報を保護できるようになります。

 -メール認証により証明された信頼済みのユーザーのみ閲覧できるようになります。

 

3. 改善型EXEを利用している会社も、接続ページからアイコン番号方式ができるようになります。

 - お客様へ「まずはダウンロードを・・・」ではなく、アイコン番号から案内ができるようになります。

 ※この設定を利用するためには販売先及びHelpdeskから申請が必要になります。

 

4. 便利なWebViewerページへ簡単移動ができるようになります。

 - RemoteCall AgentからWebViewerの利用ができるようになります。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています