macOSを遠隔制御するための権限設定について

Apple社のmacOSのセキュリティポリシーにより、10.14(Mojave)以降のmacOSを遠隔制御するには
遠隔接続モジュールを実行した直後、以下の手順でアプリケーションの許可を行う必要があります。

次のダイアログが表示されます。
mceclip0.png

「画面収録権限の設定」または、「アクセシビリティ設定へ」を選択すると
システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > プライバシータブが開きます。
※ポップアップが表示されない場合は、手動でプライバシータブを開いてください。

mceclip1.png

【画面収録】
macOSの画面情報をViewerに転送するために必要な権限です。(macOS10.14では設定不要)
①カギマークを選択して表示されるポップアップからmacOSのシステムの管理者情報を入力し設定変更のためにロックを解除します。
 mceclip2.png

②RcEngMgrにチェックを入れます。
 mceclip3.png

③権限を取りこむために権限設定をしたプロセスの再機能を求められますが、ここでは「あとで行う」を選択し、次の権限設定を行います。
 mceclip4.png

※一般的にはこの設定を行った時点でViewer画面にmacOS画面が見えるようになりますが、
 設定を行っても画面が見えない場合、現在の接続を終了するように案内してください。

【アクセシビリティ】
遠隔制御を行うために必要な権限です。
上記と同様にRcEngMgrに対してアクセシビリティ権限にチェックを入れて権限を与えます。
 mceclip5.png

この記事は役に立ちましたか?
11人中6人がこの記事が役に立ったと言っています