オペレーター側
遠隔サポートを行う側です。

 

顧客側
遠隔サポートを受ける側です。クライアント側とも言います。


遠隔制御
オペレーターが顧客の端末を遠隔で操作することです。


Agent
遠隔制御のためにオペレーターが実行するプログラムです。


ビューア
オペレーターがAgentを実行し、顧客の端末を制御するために見る画面です。


ビューア待機画面
オペレーターがAgentを実行し、顧客との接続を待つ画面です。


接続URL
遠隔サポートを受けるために、顧客PCにて接続するページです。(接続URLの例:113366.com/***)


実行ファイル
遠隔サポートを受けるために、接続URLから顧客がダウンロードするファイルです。


接続コード
遠隔サポートを受けるために必要な接続方式の1種であり、オペレーターのビューア待機画面に表示される6桁のランダムの数字です。顧客はモジュールを実行し、接続コードを入力すると遠隔サポートが開始されます。


接続アイコン
遠隔サポートを受けるために必要な接続方式の1種であり、オペレーターのビューア待機画面に表示される数字のアイコン番号です。顧客はモジュールを実行し、アイコン番号をクリックすると遠隔サポートが開始されます。


PCサポート
オペレーターが顧客のPCを遠隔でサポートします。


モバイルサポート
オペレーターが顧客のモバイル端末を遠隔でサポートします。


現場サポート
オペレーターが顧客のモバイル端末のカメラを通じて遠隔でサポートします。


管理者
遠隔サポートのオプション設定やオペレーター情報などの設定を行える管理者です。


ユーザーアドミンページ
管理者・オペレーターが確認できるページです。会議履歴、セキュリティ設定、ユーザー情報などを変更できます。管理者ページとも言います。
※ユーザーアドミンページURL:https://admin.startsupport.com/login
(Agentにログインし、「待機」ボタン下部の「Admin」をクリックしても接続可能です。)

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています