pingを利用したネットワーク安定性の確認方法

接続元や接続先のネットワークが不安定な場合、遠隔制御が正常に動作されない場合があります。

以下の手順をご参照し、pingを利用してネットワークが安定されているのかをご確認ください。
※pingとは、ネットワーク回線の応答速度(レイテンシ)を確認するためのコマンドです。



1.キーボードの「Windows」と「R」を同時に押してください。 

2.「ファイル名を指定して実行」ポップアップが表示されたら、「名前」に「cmd」を入力して下さい。
ping_1.png

3.「OK」ボタンを押したら、以下の黒い画面(プロンプト)が表示されます。

4.「ping 8.8.8.8 -t」を入力してエンターキーを押してください。
※「8.8.8.8」はgoogle社の提供するDNSのIPアドレスです。
※「8.8.8.8」の代わりに「google.com」や「yahoo.co.jp」などを入れても構いません。
 ping_2.png

5.1~5分ほど経過を観察し、以下の状況ではネットワークが不安定になっている可能性があります。

 

「時間=(数字)ms」の数値

●1ms~30ms前後で推移している

ネットワークは問題ありません。


●突然数値が増減を繰り返す

1msから突然200msになるなど、急激に値が増減している場合はネットワークが不安定な状態です。

また、100以上の値が表示された場合はネットワークに問題が発生しているいる可能性があります。

wifi接続の場合は有線LANに切り替え、再度テストをおこなってください。

 

●「要求がタイムアウトされました」「到達できませんでした」が表示される

通信の途切れや、ネットワーク遅延が発生しネットワークに何らかの問題が発生している可能性があります。プロバイダや回線提供元へご相談ください。


 ping_3.png

6.平均値などの確認には、「Ctrl」と「C」キーを同時に押してください。
 ※プロンプト画面は上記の「X」印で閉じることができます。
 ping_4.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています